中小13万社のIT導入に補助金500億円 経産省 – 日本経済新聞



 経済産業省は中小企業のIT(情報技術)を活用した生産性向上策を支援する。13万5千社の利用を想定し、2017年度補正予算で「IT補助金」向けに500億円を計上する。経営者の高齢化が進む中小企業は生産性の低さが指摘されている。POS(販売時点情報管理)システムの導入や書類の電子化などを進め、企業の収益性を高めるよう促していく。

 IT補助金は、16年度補正予算では100億円を計上、約1万5千社を対象…



Related Post